下半身痩せ 椅子

下半身痩せを意識した椅子の座り方

普段仕事やプライベートで椅子に座る時に、ちょっとした心がけで下半身ダイエットを意識することに繋がる座り方があります。
痩せたいけどまとまった時間を運動にあてることが出来ないという人や、体を動かすのが苦手という人にぴったりです。

 

まず基本の姿勢は背筋をぴんと伸ばし、座面に浅く腰掛けて両足を床につけて両ヒザをぴったりとくっつけます。そうすることで全身の色んな筋肉を適度に緊張させることが出来るため、座っているだけで負荷をかけることが出来るのです。

 

背筋を伸ばすと腰が痛くなるという人は胸を反らせすぎている可能性があります。そのような場合、骨盤を立てるイメージで座ると腰に負担をかけずに正しい姿勢をとることが可能です。

 

また、ヒザをそろえることで内腿の筋肉を鍛えることが出来ますが、慣れてきたら文庫本などを挟むとより下半身への負荷に繋がります。

 

しかし、ずっと同じ姿勢で椅子に座っていると体重がかかる部分の血流が悪くなり老廃物も溜まりやすくなるため、最低でも1時間に一回は立ち上がったりストレッチをするなどして凝り固まった筋肉をほぐして血行を良くする必要があります。
普段の姿勢が悪い人、筋力が無い人ほど、最初は椅子に座っているだけでも困難ですが、毎日続けることで下半身ダイエットのための運動に繋がります。

 

食生活のサポートで注目のサプリ


 


トップへ戻る