筋トレで下半身痩せ法

下半身ダイエットをする方法は色々ありますが、お勧めなのが軽めの負荷で行う筋トレです。
下半身に筋肉をつけることにより、代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい体をつくることが出来ます。
体の中でも一番大きな筋肉を鍛えることで、全身の代謝アップに繋げる事も出来るのです。

 

気を付けて頂きたいのは、負荷を上げすぎないことです。あくまで下半身のダイエットが目的ですので、
筋肉がつきすぎると当然足は太く逞しい状態になりますので、痩せる目的ならば逆効果になってしまうので

 

気をつけましょう。負荷が強すぎると膝など故障してしまう危険性もありますので、トレーニングの知識が曖昧な人が行うのはお勧め出来ません。軽い負荷で回数を多く行う方が良いでしょう。

 

目安としては、10〜15回が限界の重さを3セット程度行うのが一般的ですが、下半身ダイエットを徹底するのであれば、筋トレは週に1〜2回としてあとはジョギングなどの有酸素運動に費やすとさらに効果が期待できます。

 

そして何より大切な事は、始めのうち効果が感じられなくて諦めずに継続することです。ダイエットにしろ筋トレにしろ、継続していくことが結果に結びつきますので、最低でも半年は諦めずに運動を続けてみることです。

 

下半身痩せ法と筋肉の関係とは

日本人の多くはその遺伝的な関係により、上半身に比べて下半身が太めの人が多く存在します。
最近の若い人は、昔ながらの胴長短足の人はさすがに少なくなりつつありますが、それでも日本人は足も欧米の人に比べると足は短めであり、また太い傾向にあることでしょう。

 

そんなことから、肌が露出しやすい夏場には、下半身ダイエットに挑戦する人も多くいることでしょう。
しかし、下半身ダイエットと言っても様々な方法があり、世の中には多くの情報が氾濫しています。

 

その玉石金剛のなかから、自分自身に一番合ったものを見つけるのは、中々難しい作業でもあります。
しかし実は下半身ダイエットを問わず、全てのダイエットに共通して必要なのが、筋肉との関係なのです。

 

というのも、脂肪を燃焼させるには、食事でカロリーを制限するのは最も基本的な方法ですが、食事のみのダイエットでは、体が次第にそのカロリーに慣れてきてしまい、ある程度まで体重が落ちても、それ以上の減量が難しいことがよくあります。筋肉を動かさないと、脂肪は燃焼しません。

 

そして筋肉の量が少ない人は、どうしても体を動かした際の付加が少なくなるために、どうしても運動時の脂肪の燃焼が少なくなるのです。
特に下半身を痩せたい人に取って、足が発達しているとダイエットに大きな効果を発揮することができるので、下半身を歩くなどの簡単な運動で鍛えておくこともとても重要なことでしょう。

 

筋肉質にならない下半身痩せ法

筋肉質にならないように気をつけながら、下半身ダイエットを行いたいときには、有酸素運動と無酸素運動をうまく組み合わせることが重要になってきます。
下半身を引き締めたいとき、筋トレを行いますが、ただ考えなしに筋トレばかりしてしまうと脂肪の上に筋肉がついてしまい、がっちりとした印象になってしまいます。
下半身を引き締めながらスリムになりたいときには、脂肪も同時に落とさなければなりません。

 

下半身ダイエットをおこなうときには、筋トレと有酸素運動を組み合わせた運動を行うようにしましょう。
とくに、スイミングやウォーキングについては、エネルギーをしっかりと使うことができますので、脂肪を減らしながら筋肉太りを防止することができます。

 

スイミングやウォーキングについては、下半身も多く動かすことになりますし、エネルギーを効率的に使える運動になってきますので、脂肪も燃焼しやすくなってくるのです。
このように、下半身ダイエットを成功に導くためには、筋トレとともに有酸素運動をとりいれていくことが成功させるポイントになってきます。
運動を行うときには、バランスを考えたうえで運動を組み合わせることで、スリムな下半身を手に入れることができるのです。

 

下半身痩せを目指すためのトレーニング法

下半身ダイエットでは、下半身の筋肉を鍛えることが大切です。脂肪を燃焼させるためには、筋肉がとても重要になります。
脂肪を燃焼させるには筋肉を動かすことで脂肪を燃焼させることができます。
しかし、筋肉だけを付ける筋トレを行っていてもダイエットにはなりません。

 

筋肉を付けながら、その筋肉を有酸素運動によって動かすことが大切です。筋肉をしっかりと動かすことで、脂肪を燃焼することに繋がります。
また、一部分だけを動かすのではなく様々な部分の筋肉を動かす運動がポイントになります。

 

例えば、下半身ダイエットをするために、スクワットをして筋肉を付けてダイエットしようとしても効果はあまり期待できません。
健康のためにスクワットをして血流を促すには効果的ですが、ダイエットという観点ではお勧めのトレーニングではありません。
足には様々な筋肉があり、その筋肉の一つ一つを動かすようなトレーニングはとても効果的です。

 

ヨガなどで様々なポーズをとることで、色々な筋肉を動かすことになりますし、普段運動をしていない方は、エクササイズのビデオを見て身体を動かすだけでも効果があります。

 

大切なのは筋肉を動かすことです。筋肉を動かさないと筋肉が衰え代謝も低下してしまいます。普段動かさない筋肉を少し動かすだけでも負荷をかけることができます。

 

下半身痩せ法におすすめのトレーニング法

肌を出す季節になると気になるのが下半身についた頑固な贅肉です。
ダイエットをして理想のからだから遠ざかってしまった、すぐリバウンドして痩せにくくなってしまったという経験をした女性も多くいるでしょう。

 

間違ったダイエット方法を行ってしまうと、体調不良になったり、ボディラインが崩れてしてしまう人も少なくありません。
下半身ダイエットを成功させる秘訣は正しいトレーニング方法を知っておくことが大切です。
おすすめの下半身ダイエットは、スクワットを行うことです。

 

スクワットはウエストラインやヒップアップに効果があるだけではなく、脚の筋力を使うのでメリハリのある美しい脚へと導きます。
フォームが乱れてしまうと効果を得ることができず、腰痛の原因になってしまうので正しく行うことが肝心です。
まず、椅子の前に立って、脚のつま先が左右平行になるようにして肩幅より広めに脚を開きます。

 

この時に、腰を反ったり丸まったりしないように注意しながら、両手を肩の高さに伸ばします。
ゆっくりと膝を曲げながら椅子に座る手前まで腰を落としていきます。

 

太ももの裏が床と平行になるように意識しながら、膝がつま先より前に出ないように行います。
元の位置に戻って、その動作を10回〜15回を目安に行うのにおすすめです。

 

筋トレは長期間で時間をかけるのが重要

1ヶ月で数キロも痩せるようなダイエットは、注意しないと健康状態を損なうことになりかねません。ダイエットの本来の意味は、減量だけではなく健康状態を維持することにあります。
そのためリバウンドを起こしたり健康上の弊害が出るようでは本来の意味のダイエットとはいえないのです。

 

ダイエットの基本は、食事制限と有酸素運動にあります。正しいカロリー計算に基づく食事制限により、体脂肪の新たな蓄積を防ぐとともに、既に蓄積された体脂肪を有酸素運動により燃焼させるというものです。
食事制限を無理なく行うには、1日あたり200kcal程度が限度でしょう。これを大幅に割り込むようなカロリー制限は無理があり、我慢を重ねた挙げ句過食してしまうことにもなりかねず、効果が上がるどころか全くの無意味です。

 

また継続可能な有酸素運動としては1日あたり30分程度と考えられます。
合わせて300kcal相当の減量となります。ところで体重1kgを減らすためのカロリー消費量は、7700kcalです。割り算すれば体重1kgを減らすための試みでは一ヶ月程度かかることになります。

 

これでは時間がかかりすぎであると感じる人もいるでしょう。
しかしこの減量を加速させることもできます。

 

それが筋力トレーニングです。
下半身ダイエットに一番効果的なのは、お尻歩きです。床に腰を下ろしてあぐらをかき、左右のお尻を交互に動かして前進と後退を繰り返します。
一日5分ほどでも十分に負荷を与えられます。腰周辺の筋力がつくので、下半身ダイエットにはうってつけのエクササイズになります。

TOPへ