下半身痩せ法の運動の種類・メニュー

下半身ダイエットの運動メニューですが、下半身ダイエットに限らずに体全体を健康的に痩せていくダイエット法は存在していますし、健康的に痩せられるので無理なく体を壊すことなくできる方法があります。

 

それは、有酸素運動ですが、特に何も買ったりする手間がかからない点で、有酸素運動の中でもウォーキングが良いとされます。
このウォーキングは極端な話としてただ歩くだけですから、通勤や通学時にしっかりと歩くことで歩数を稼いで健康的に痩せられると言われています。

 

もし意識してのウォーキングが難しいのであれば、日常生活の中で歩くことを組み入れていくのが良いとされます。

 

意識しなくても歩かざるを得ない状況にしてしまうという発想です。駅の一つ前のところから歩くことで歩数を稼ぐことや、事務所内や学校内での階段などもエレベータなどを使わずに階段で歩いて移動するように意識することも重要となります。

 

こうした運動メニューは何もどこかを借りてしなくてもどこでも誰でもできるものですから、お金もかからずに頑張れば頑張るだけ健康への影響は良くなっていくと考えられます。
ただし、すく場所は考えないといけませんので、自動車の通行量が少ない場所などのルート選びは必要になります。

 

 

ランニングでの重要なこと・注意点

 

ダイエットにつきものなのが適度な運動です。
特に下半身が気になる方には有酸素運動が最適です。

 

脂肪などが燃焼するためには少なくとも20分以上の運動が必要とされています。
走り始めて最初に使われるのは体に蓄えられた糖質エネルギーで、脂肪が燃焼されるようになるまでには20分以上の有酸素運動が必要だとされています。
水泳やサイクリングなどさまざまな有酸素運動がありますが、最も手軽な下半身ダイエットの運動がランニングやジョギングです。

 

ジョギングは一人で出来ますし、いつでもどこでも自分のペースで取り組むことができるので、ダイエットのための運動として最適なのです。
ただし下半身ダイエットをする時のジョギングには注意点があります。

 

それはあくまでもゆっくりとしたペースで走るということです。
スピードを早くランニングをしてしまうと、ふくらはぎに筋肉がついてしまい、細くなるどころか逆にたくましい足になってしまう可能性があるからです。

 

こうしたダイエットで鍛えたいのは速いスピードを出す筋肉ではなく、燃焼しやすい体つくりができるインナーマッスルです。
ゆっくりとしたペースで走ることで、燃焼しやすい体つくりができる筋肉を鍛えることができるのです。

 

プールで行う下半身痩せ運動

プールでの運動は下半身ダイエットにおすすめされていています。空中と水中では体を動かした時の負荷が違います。
空中よりも水中の方が圧倒的に重く、力を要します。

 

プールでは、クロールや平泳ぎ、背泳、バタフライで泳ぎます。クロールのバタ足は足先だけでなく太ももや脚の付け根から動かしますので、脚全体の引き締めにも繋がる負荷をかけることが期待できます。

 

また、平泳ぎのキックは普段使わない筋肉を使ったり、足を引き付ける動作が下半身ダイエットに一役買います。

 

水泳は上半身も下半身もバランス良く引き締めることができます。
しかし、水泳によって上半身が筋肉質になるのは嫌だという人は、ビート板を使って足のキックだけで泳ぐ方法もあります。

 

ジムによってはアクアビクスが受けられるところがあります。
アクアビクスは水の中で行うものなので関節の痛みなどにも優しく、年齢を問わず人気があります。

 

音楽に合わせて楽しく下半身ダイエットができるので比較的続けやすいものです。
また、水中ウォーキングができるジムもあります。水の重さを感じながら進んでいくため、下半身ダイエットに繋がる負荷をかけやすいのが特徴です。
泳ぎが苦手な人でも、効率良く下半身ダイエットのための運動ができるのでおすすめです。

 

プールでの運動は、脚の筋肉が鍛えられるうえに、有酸素運動なので脂肪の燃焼も同時にされています。
全身運動なので汗をたっぷりかき、カロリー消費も大きいと言われています。

 

ストレッチポールで下半身痩せ運動

ストレッチポールは、円柱型の形をしているアイテムです。
体の歪みをとるために開発されたもので、さまざまなエクササイズを行うことができます。

 

基本の動きは体の歪みをとるために、ゆったりとエクササイズをし、
体をゆるめていきます。
その後、部位別のエクササイズを行うことで、効果的に歪みを整えることができます。
リラックスしながら行うことが大切ですので、力を入れずに、
頑張らないエクササイズというのが他のものと大きな違いがあります。

 

歪みを取り除いて、正しい姿勢を維持するためには、
インナーマッスルが強くなければいけません。
筋肉をゆるめて、正しく鍛えていく必要があります。

 

インナーマッスルを刺激することで、基礎代謝が上がり痩せやすい体にすることができます。

 

特に、痩せにくい下半身ダイエットを目指す方の運動にも役立ちます。
ストレッチポールをローラーのように動かすことで、
なかなか取れない下半身をほぐし、むくみを感じる足の巡りを促すマッサージにも活用できます。
ローラーのような動きは、他のエクササイズではできない動きです。

 

そして、足上げ運動もすることができるので、下半身ダイエットを目指す方には幅広いエクササイズが行えるのがメリットです。
自分の体調や目的に応じて、エクササイズをすることができるので、無理せず楽しみながら行えるメリットもあります。

 

オフィスでできる下半身痩せ法

下半身ダイエットをしたいと思っていても、仕事でなかなか出来ないという人も多いはずです。
そのような場合、オフィスでも出来る下半身ダイエットの方法を知っていると、とても便利です。

 

まず、分厚い本を用意します。電話帳などが最適です。
この本を、イスに座った状態で太ももの間にはさみます。
油断すると落ちてしまいますが、しばらく続けていると挟んでいる状態を持続することが出来るようになります。
鍛えるのがなかなか難しい太ももの内側や、太もも全体を引き締める効果があります。

 

また、背筋をのばした状態でイスに座り、デスクの下で足踏みをします。
両手はデスクにかるく肘をつくようにしておきます。

 

しばらく足踏みをしていると、腰まわりや下腹部分がきつくなってきます。
下半身全体のダイエットを行うことが出来ます。この足踏みをゆっくりと行うことでも、効果があります。

 

片足をあげた時に10秒間静止してから下ろし、もう片方の足をあげて同じことをします。
それをくり返していくエクササイズです。
その他、とても簡単なエクササイズもあります。足を組んで座り、左右の足を20秒間押し合うだけです。これだけでダイエット効果があるのです。
このように、オフィスで出来る下半身ダイエットは色々とあります。

 

下半身ダイエットしたいと思っている人は、思いついた時などに、行ってみるようにしましょう。

 

自宅でできる下半身痩せ

上半身の体型は特に不満はないのに、下半身にお肉がついている…そんな悩みを抱えてる方、日本人の女性では実はけっこうたくさんいますよね。
思春期を過ぎた頃から、女性は下半身に肉がつきやすく、そして痩せにくいのです。
あれこれダイエットをしても結果がなかなか現れず、思うようにいかない!と断念してしまった経験、1度はあるはずです。

 

下半身痩せをしていたはずなのに、気がつけば痩せているのは、上半身だけ。なんてことも、よくある話です。

 

下半身が痩せにくい原因として、冷えのせいであるとか、体質によるものだという説もありますが、体質を改善するというのは並大抵の努力ではできないことです。
ダイエット成功への鍵は、地道な努力が大事であることは誰もが肝に命じているはず。
ですが、できれば短期間で、即効果が現れる…そんな近道があったらいいですよね。

 

エステやジムに通うという方法もありますが、できれば費用をかけず、自宅で気軽にできたらベスト。
効果的な下半身痩せの運動としてオススメのものをいくつかご紹介します。

  1. 四つ這いの姿勢になる。足を、左右交互に後方に高く蹴りあげる。このとき膝は曲げない。これを、リズミカルに50回〜できる範囲で繰り返す。
  2. 四つ這いの姿勢になる。片足を真横に、床と水平に伸ばす。そのまま小刻みに、上下に揺らす運動を片足30回ずつ。
  3. ふだん歩くとき、足の親指のほう、つまり内側に重心をかけて歩くようにする。

などです。

 

早速、今日から試せそうですね!特にAの運動は、やったあとに内ももが痙攣するくらい、負荷があります。
最初は回数少なめにして、慣れてきたら回数を増やすなど、調整してみてくださいね

 

メンズ・男子におすすめの下半身痩せ法

男性のダイエットとしておそらく皆さんが想像できるのはジムに通ってランニングをしたり、または重いダンベルを何度も上下に上げ下げすることによって、鍛えることだと考えがちです。

 

しかしそれは上半身を鍛えることには有効であっても下半身を鍛えることには効果的でなく、それよりも意外と下半身のダイエットに意識を持っていない男性も少なくありません。

 

そこで男性におすすめの下半身ダイエットは何かここでご紹介します。まずはなんといっても下半身だけをできるだけ落としていきたいので、そのためには下半身だけに負荷をかけるようなトレーニングをしていく必要があります。そこでオススメなのがなんといってもなわとびです。

 

男性はどうしてもなわとびを早く回して飛びたいというのが気持ちとしてあると思われますが、ここではどちらかというとまるでスキップをするかのようなゆっくりとした感じで、なわとびをとぶように心がけて下さい。

 

そうすることによって時間をかけて有酸素運動を取り入れることにより下半身ダイエットとして成功するのです。

 

これは上半身を鍛えることもさることながら、下半身を特に上下に飛び体重で足腰に負荷をかけることにより下半身ダイエットとして成立するのです。
メンズにもちろんおすすめの下半身ダイエットとしてはやはりなわとびが1番だと考えます。
時間をかけてゆっくり飛ぶことがポイントとなってきます。

 

ながらでできる下半身痩せ法

下半身ダイエットを長続きさせるコツは、何かをしながら行う「ながら運動」をすることです。
忙しくて下半身ダイエットに費やす時間が取れない人でも、負荷をかける運動に繋がります。
家事の合間に、オフィスでのデスクワークの気分転換に、いつでも好きな時に短時間でできるのが魅力です。

 

日常生活の中のちょっとした時間、例えばパンが焼けるまで、TVを見ながら、歯を磨いている時、湯船に浸かっている時など、できるタイミングは探せばたくさんあります。
そして決まった回数がないので気楽にできます。立ってできるもの、座ってできるもの、バリエーションは色々あります。
下半身ダイエットに大切なことは筋力をアップさせることです。

 

あまり極端に鍛えすぎると固太りになってしまうので、適度な運動でしなやかな筋肉をつけることを目標とします。
下半身ダイエットに有効な運動はかかとの上げ下げです。
そして、逆につま先の上げ下げも行います。とても簡単にできる運動ですが、筋肉が徐々についてくるのがわかります。

 

足首の引き締めにも効果的で、足のむくみも取ることができます。
その場で足踏みをしたり、両膝の間にクッションを挟んで力を入れるという運動もあります。
片手間に行うこの下半身ダイエットは、簡単で続けやすく、いつの間にか結果が出ているというのが特徴です。

 

下半身痩せを意識した椅子の座り方

普段仕事やプライベートで椅子に座る時に、ちょっとした心がけで下半身ダイエットを意識することに繋がる座り方があります。
痩せたいけどまとまった時間を運動にあてることが出来ないという人や、体を動かすのが苦手という人にぴったりです。

 

まず基本の姿勢は背筋をぴんと伸ばし、座面に浅く腰掛けて両足を床につけて両ヒザをぴったりとくっつけます。そうすることで全身の色んな筋肉を適度に緊張させることが出来るため、座っているだけで負荷をかけることが出来るのです。

 

背筋を伸ばすと腰が痛くなるという人は胸を反らせすぎている可能性があります。そのような場合、骨盤を立てるイメージで座ると腰に負担をかけずに正しい姿勢をとることが可能です。

 

また、ヒザをそろえることで内腿の筋肉を鍛えることが出来ますが、慣れてきたら文庫本などを挟むとより下半身への負荷に繋がります。

 

しかし、ずっと同じ姿勢で椅子に座っていると体重がかかる部分の血流が悪くなり老廃物も溜まりやすくなるため、最低でも1時間に一回は立ち上がったりストレッチをするなどして凝り固まった筋肉をほぐして血行を良くする必要があります。
普段の姿勢が悪い人、筋力が無い人ほど、最初は椅子に座っているだけでも困難ですが、毎日続けることで下半身ダイエットのための運動に繋がります。

 

 

ダイエットに成功しておしゃれをもっと楽しみたいと思っている女性は多いでしょう。
実際、スリムな体型を手に入れることができれば着られる洋服のバリエーションが広がります。

 

しかし、厳しい食事制限や激しい運動はしんどいためなかなか長続きしなかったり、簡単なエクササイズだけでは結果があらわれなかったりして思うように成功していない場合があるでしょう。

 

やはり、「簡単に」「結果に繋がる」ダイエット方法であることが成功の秘訣ではないでしょうか。

 

TOPへ